無為徒飲

 久しぶりに山小屋へ上がりました。

 夏休みは、休みがあったにもかかわらず、自分の時間では、一度も上がれませんでした。
 
 本日は、100% オフでした。

 本を2冊抱え、ビールと一緒に上がりました。
 折からの強い日差し、言い訳は充分につきます。

 冷奴を用意し、冷凍庫からグラスを出して、ビールを注ぎました。
 くいぃ~~っと、一気に!!

 連れてきた飼い犬の「ジロー」が、グラスの傾きに合わせて、目線を上げます。

 山小屋は、確実に秋が来ています。
 朝顔の棚に虫が来て鳴いています。
 高い位置で鳴くので、小鳥が鳴いているようにも聞こえます。
 こおろぎも草原で、コロコロと、いい声を聞かせてくれます。

 ビール2本で、一冊の本が、終了しました。

 ジローは、鎖から開放されて、筆者の足許で、ゆったりとしています。
 つまみを口に入れると、一歩前に出てきて、自分にもと、催促します。

 結局、何も作業をしないままで、夕暮れを迎えました。
 無為徒食ならず、「無為徒飲」の一日でした。

 充分にリフレッシュしました。
 また明日から、頑張ります。


       冷酒やつくねんとして酔ひにけり     石塚 友二

e0017396_22444741.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2010-09-05 22:47 | 山小屋日誌