山小屋での生活を


by yamagoya333

まがうまじく

e0017396_2017987.jpg


 北九州市立「白野江植物園」です。

 1月7日と16日の両日、ここを訪ねました。

 二日とも、寒い風に吹かれました。
 シャッターを押す指先の感覚がなくなってしまうほどでした。

 16日は、雪が舞っていました。
 上の写真が、そうです。


 *1月7日
e0017396_20224148.jpg


 一瞬、雪景色と見まごうばかりです。

 写真の中の白い点点は、梅のつぼみなのです。
 表紙の写真と、同じように見えませんか。


e0017396_2025585.jpg


 厳しい寒さの中で、梅の花が、春が近いことを力強く宣言しているようです。

 辛いことを耐えて手に入れた喜びこそが、本物だと教えてくれているようです。

 俳句の季語に「春隣・はるどなり」というのがあります。
 同じ意味で「いまだ冬」「春遠からじ」「春近し」という季語があります。

 梅の花を見ていると、春の近さが実感できますね。

 春が来ていますよ。


       夕空もあいをながして春隣り     酒井 弘司   

e0017396_20355785.jpg
  
[PR]
by yamagoya333 | 2011-01-18 20:39 | 山小屋日誌