夢のつづき

e0017396_232309.jpg



 十割蕎麦です。

 しかも、自家栽培。

 完全予約制。

 予約を受けた分だけの蕎麦を、ご主人が石臼で丁寧に挽きます。


e0017396_23124329.jpg






 これだけ書きますと、頑固一徹の「親爺・おやじ」が、しかめっ面で蕎麦を打っているような感じがしてきますね。

 実際、このお店を訪ねるまでは、そんなイメージを抱いていました。



e0017396_23133525.jpg




 食事が終わると、ご主人と奥様による「人定尋問」が始まりました。

 客の返答を上手に取り上げて、話題を広げていきます。
 話の合い間に、自分たちの真面目で気ままな日常の生活を、語ってくれます。


 蕎麦は、自分たちで育て、収穫し、日に干して、昔ながらの道具で、蕎麦の実を取ること。
 食材のほとんどは、自分たちの田や畑で採れた米や野菜を使用していること。
 料理は、奥様が焼いた器に盛っていること。

 営業日以外は、町の公民館に折り紙をはじめ、いろいろなことに夫婦でチャレンジしていること。


e0017396_23245721.jpg



 そおかぁ、お前も炭を焼いたり、パンを焼いたり、人の世話を焼いたりしているのか。
 気に入った、今度仲間と一緒に、お前の山小屋へ行くからな。

 (明日にでも、山小屋へ上がってきそうな気配が、充分漂って ・・・)


 蕎麦は、歯ごたえも、のど越しも、よございました。
 蕎麦つゆも、美味しい。

 再会を約して、「そば処 竹庵」を後にしました。


        「そば処 竹庵」 

   福岡県田川郡香春町採銅所矢山 

  <営業> 土曜・日曜・祝日 11:00~15:00

   (要 予約)   電話 0947-32-6323     下の↓ 定食 1000円



       遠山の奥の山見ゆ蕎麦の花     水原 秋桜子

e0017396_23405583.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2011-06-17 23:09 | 山小屋日誌