山小屋での生活を


by yamagoya333

雨・あめ・アメ

e0017396_22433858.jpg


 今回のお休み、皆さんはいかがお過ごしでしたか。

 土砂ダムが崩壊しそうだというニュースも飛び込んできました。
 長雨で、危険にさらされている方もいらっしゃることだと思います。
 いずこにも、被害のなきよう、祈るばかりです。

 かくいう山小屋本体に、雨漏りがし始めました。
 ミニプールのような大きな容器を小屋の中に置いています。
 雨漏りの中心地を見つけ、補修しなければなりません。

 山小屋亭主は、三日間山小屋に居ました。
 どの日も、昼過ぎまでは雨が降りませんでした。
 その間に、草刈をしました。



e0017396_2254126.jpg



 湿った草を刈り払い機でなぎ倒すと、濃い草の匂いが立ち込めてきます。
 風もなく、空気が重いので、草のため息が飛散しないからでしょう。

 その芳香を体深く取り込みます。
 肺臓の細胞の一つ一つに緑の香が行き届いている感じがします。

 草それぞれに、独特の香りがあります。
 いずれも、かんばしさにおいて、優劣はありません。

 こころも、深い緑色に染まっていきます。

 雨が降りてくると、小屋の中の整理、お料理の実習、もちろんビールも ・・・・


       わづらはしきこと多き日よ秋時雨     原田 昌子

e0017396_238244.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2011-09-19 23:11 | 山小屋日誌