文化祭(1)

e0017396_220557.jpg




 娘の高校の文化祭に行ってきました。

 早いもので、娘にとっては今年が最後の文化祭です。
 3年間の勉強の集大成として、お菓子を製作し、展示しました。

 娘は、パウンドケーキを作ることになりました。
 ケーキの材料店まで、何度も娘を連れて行かされました。

 娘は、毎晩遅くまで試作を繰り返していました。



e0017396_22162339.jpg



 担当の先生から、ケーキを盛るための「板」を用意しなさいとの指示が出たそうです。
 「お父さんなら、作ってくれるでしょう!? 魚の形が難しかったら、花の形でもいいよ。ジグソーで切り出してもらいなさい。」とのことでした。

 お父さんをスーパーマンかなにかと勘違いなさっているようです。

 今年の夏、山口の川棚まで、銀杏の木の端材をもらいに行ってきました。
 まな板屋さんが、倉庫に積んであったものを沢山分けてくれました。

 そのうちの一枚を選んで、磨くことにしました。
 でも、なかなかうまくいきません。

 とうとう、その板を、筆者の勤める高校にもって行き、建築科の生徒を指導している大工さんの先生に相談しました。
 そのS先生が、一日かかって、鉋(かんな)をかけてくれました。

 仕上げの磨きをかけて、娘と板を学校まで届けました。
 何となく、ケーキと板がしっくりいっているようで、安心しました。


e0017396_21563354.jpg


 どの生徒も一生懸命に取り組んでいて、素晴らしい作品ばかりでした。
 また、先生方がレイアウトと、細かい飾り付けに心血を注いでくださいました。


 構内の展示物を一通り見学して、食堂で昼食を摂りました。

 校章入りのお皿にスパゲティーが盛ってあります。
 とても美味しかったです。


       文化の日草冷えて人なつかしげ     中尾 寿美子

e0017396_22265220.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2011-11-05 22:33 | 山小屋日誌