松の内 (1)

e0017396_22374155.jpg



 本日で、松が明けます。
 門松の話題は、今日までしかありませんね。

 昨年、山小屋亭主が携わった「門松」を二つ紹介します。

 今回は、亭主が勤務するSS高校の門松です。

 教職員6名、生徒4名の布陣です。

 一昨年も門松造りに携わった職員が、筆者を含めて4名おりました。
 後に紹介する 東朽網市民センターの大門松造りに、今回の予習を兼ねて参加しました。


 その甲斐があってか、スムーズに作業は進みました。


e0017396_22514969.jpg



 門松の竹の斜め切りが、一番大変でした。
 今回は、筆者が「竹切り専用チェーンソー」でトライしてみました。
 チェーンソーですと、切り口が毛羽立ってしまうことが懸念されました。

 思いのほか、うまくいきました
 あとは、電カンナで削りあげました。

 これで、相当の時間を短縮できました。
 一昨年は、完成までに6時間要しました。
 今回は、3時間半しか掛かりませんでした。
 前回の約半分の所要時間でした。

 職員の経験と、斜め切りがスムーズにいったお陰です。
 完成したときは、誰からともなく拍手が沸きました。


       ふるさとに門松小さく帰り住む     細見 しゆこう
e0017396_2362266.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-07 22:50 | 山小屋日誌