40年間の患い

 40年間も患っていた病気が完治しました。

 白内障です。
 若いころから、この病気に罹っていました。
 ゆっくり、ゆっくり、水晶体が濁ってきました。

 昨年の八月一日、車を運転していました。
 突然、曇りガラスを透かして、景色が見えてきました。
 最寄の眼科に、飛び込みました。
 応急の処置はしてもらいましたが、手術が必要との診断。

 自宅の近くの眼科医に相談に行きました。
 一年かかって、手術の準備をしてきました。

 奇しくも、今年の八月一日に、右目の手術を受けました。
 結果は、予想以上でした。
 走る車のどれもが、新車に見えます。

 手術は、右眼だけの予定でした。
 余りにも、世界がはっきり・くっきり見えるものですから、調子に乗って、左眼の手術も受けました。

 これで、長い間、悩まされた病気とさよならができました。


       花売りの残して行ける野分かな     大高 芭瑠子

e0017396_20414729.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-09-02 20:40 | 山小屋日誌