忘れずに (2)

 時として、心が通わなくなってしまう人がいます。

 意識してそうしているわけではありませんが、なんとなく疎遠になっていくこともあります。

 自分の至らないところが不興をかってしまうこともあるでしょう。



 山小屋亭主は、「来るものは拒まず、去るものは追わず」をモットーとしています。

 でも、追わないだけで、心は馳せています。
 いつかまた、出会う日があることを信じて、思いを風に乗せています。


e0017396_22235588.jpg


 最近、しばらく会っていなかった方から、手紙とある会の招待券をいただきました。
 嬉しくて、飛んでいきました。
 楽しい時間を過ごしてきました。

 久しぶりにお会いして、久闊きゅうかつを叙することしきりでした。
 以前は、遠慮して話しづらかったことも、構えずに口にすることができました。
 心が軽くなりました。


 自分のことを忘れずにいてくれた人がいることを知った瞬間って、心がふわぁ~~としますね。

 私も ・・・・


       肌寒と言葉交せばこと足りぬ     星野 立子

e0017396_2237463.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-09-23 22:41 | 山小屋日誌