忘れずに (3)

e0017396_2327266.jpg


 台風の影響で、どんよりとした一日でした。

 朝から、山小屋の周りの整備をしていました。

 雑草が、昨日の雨にすっかり濡れています。
 こんな日は、草が粘って、刈り払い機の歯に巻きついてしまいます。
 それで、小屋の中の片付けや、収穫した椿の実から、種を取り出す作業をしました。


 夕方、雲が高くなりました。
 上空の強い風に、雲が運ばれて、雲に切れ間ができました。
 その四角のスペースに、青い色が見えました。
 しばし見とれるほどの水色でした。

 
 作業を終えて、山小屋を下りて、自宅の上の見晴らしのよいところまでとなりました。
 真正面に、まん丸のお月様が見えました。
 (山小屋にいると、月の出ている方向には高い竹が立ちふさがっています)

 ゆるいVの字の形をした雲の谷間にお月様はいました。
 はっとして、カメラを取り出し、構えたときには、雲の中にすっぽりと ・・・

 しばらく待つと、やっと綺麗な姿を現してくれました。
 ぼぉ~~とした写真になってしまいました。

 やっと、今夜は「中秋の名月」であることに気づきました。

 自然は、いつも忘れずに、巡ってきますね。
 わたしたちも忘れずに、人に心を馳せていたいものです。



       はなやぎて月の面にかかる雲     高浜 虚子

e0017396_23272368.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-09-30 23:27 | 山小屋日誌