春隣 (2)

e0017396_2312359.jpg


 「春隣・はるどなり」(冬) … 冬の終わり。春はもう、そこまでやってきている。「春近し」とも。


       厄介な方へ歩む子春隣      中村房枝


       春近し雪にてぬぐふ靴の泥     沢木 欣一


e0017396_23123172.jpg


 一度、春の兆しを感じると、次々とそれらが見えてくるものですね。
 それまでは、心の目を閉じていたようにも、思えてきます。


 「冬ざれ」の景色の中にも、心がわくわくしてくる 「 何か・ something good 」を探そうとする態度こそが大切ですね。



       目白鳴く日向に妻と座りけり     臼田 亜浪       
 
e0017396_2312208.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2013-01-27 23:12 | 山小屋日誌