新炭焼き小屋 (17) 儀品と文化

e0017396_23343427.jpg


 「平成24年度 北九州市放置竹林対策事業」を提案したのは、ボランティア団体「竹林学舎」です。

 一応、会の組織や規約もあります。
 年会費は、3000円です。
 ぜひとも、会員になってください。
 そして、何よりも、竹林整備を手伝ってください。

 できた竹炭は、差し上げます。


 今回の事業のテーマは、「竹山から炭の香りと文化を発信」となっています。

 荒れた竹薮を整備して、炭にするのが大きな目的です。



 もう一つのテーマである「文化」について、書いてみたいと思っています。

 それぞれ、自分の仕事なさり、趣味をもっておられることと思います。
 その中の、ある分野については、人に話して聞かせたいとか指導(教えて)してみたいと思っているのではありませんか。


 そんな方に、この場所で「講師」になっていただきたいのです。
 そのためには、もっと勉強や練習をすることになると思います。

 少しでもよい話をしたい、この技術は人に伝えたいという思いが、日々の生きがいになるのではないかと思うのです。

 そうなれば、毎日を楽しく送ることができます。
 竹林学舎は、そういう場所を提供します。
 
 話してみたいことがある方は、山小屋亭主に相談してください。
 実現に向けて、努力します。



 竹林学舎に備品が届きました。

 草刈り機の「まるちゃん」と、チェーンソーの「竹次郎」くんです。
 
 これからの竹林整備に大きな力となってくれるでしょう。



       竹林に賢者いまさず水寒き     石塚 友二
 

e0017396_23344914.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2013-02-24 23:35 | 山小屋日誌