山小屋での生活を


by yamagoya333

借景

e0017396_2027819.jpg


 「借景」 なんともまぁ、不思議な言葉でしょうか。
   
   ※「借景・しゃっけい」 … 庭の外の林・山などの風景を背景として借りて、庭全体の眺めを構成すること。また、その外の風景。 (現代国語辞典・三省堂)

 
 自然を取り入れるという日本人特有の感性が思い遣られます。
 ちゃっかり、外の景色と融合を図るなんんて、いい根性をしていると思います。
 われわれの祖先は ・・・

e0017396_20484093.jpg



 本日は、休暇をとって病院で検査を受けました。
 この歳ですから、身体のあちこちに、トホホがあるものです。


 昨夜から絶食を強いられていました。
 昼食は、何か美味しいものを食べてやろうと、たくらんでいました。

 とぼとぼと、病院からでてみると、ぽかぽかの陽気です。

 しばらく立ち止まって、光合成をするかのように、陽光を身体いっぱいに浴びました。
 しょぼくれていた気分も高揚してきました。

 いい事を思いついたので、スーパーマーケットに寄りました。
 そこで、お弁当と熱いお茶を仕入れました。


e0017396_20511634.jpg


 田んぼの畦道あぜみちに、車を停めました。
 後ろのドアを上げて、シートを敷いて、お弁当を食べました。
 借景の真似事です。

 雲雀ひばりの声が、かしましいほど田んぼや小川の上空でもつれています。
 遠くの山裾やますそまで、田んぼが延びています。
 小川では、釣り糸を垂れている人もいます。

 安価なお弁当が、一気に高級レストランのそれに早変わりです。


 つまらないことを考えるよりも、楽しいことを思い浮かべることにしました。

 そうすると、畦に咲く、小さな花たちさえも、目に入ってきました。

 午後からは、歯医者と眼科のはしごでした。
 でも、平気でした。

 明日が楽しいように、今、治療してもらっているのだと、思えました。


       
       子等すぐに河原遊びよ水ぬるむ     本城 和子

e0017396_2145737.jpg






 
[PR]
by yamagoya333 | 2013-03-05 21:09 | 山小屋日誌