花は野に満ちて

e0017396_22394967.jpg



 花が野に満ちています。

 風がそよげば、横から甘い香りが渡ってゆきます。

 しっとりと雨粒が下りてくると、土の中から春の香りが立ち昇ってきます。



e0017396_22431831.jpg


 下萌えの草草が、野の花の淑やかさを演出してくれています。

 自然と心が浮き上がるように感じてしまいます。

 寒さに耐えてきた植物が、それぞれの我が儘わ ままをつつましく表現しています。
 思わず、にこりとしてしまいます。



e0017396_2249828.jpg


 ひとしきりその美しさを愛でたあとは、決まって寂寥感せきりょうかんが心を満たしてきます。

 これらの花を見ることが出来るのは、一年後。
 自らの歳に、一つを加えることになります。


e0017396_22565459.jpg



 永らえて、もう一度という気持ちが心のどこかにあるようです。
 肉体は、すっかり歳をとってしまいました。


e0017396_22595186.jpg


 でも、でも、気持ちだけは ・・・・


       水仙にうつろひ易き日射しかな     嶋田 青峰

e0017396_2334578.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2013-03-27 23:06 | 山小屋日誌