願いを

e0017396_2275512.jpg



 三月から、山小屋にこもっておりました。
 仙人のように無精ひげも蓄えて、竹林をうろついております。

 決して、人との交わりを避けていたわけではありません。
 山小屋では、新しい出会いが、たくさんありました。

 こんな山奥をいとわずに、上がってきてくれる方々に心から感謝しています。



e0017396_21552299.jpg


 山小屋で出会った、M園長のことを書いてみようと思います。

 先週、M園長が経営するT幼稚園の七夕飾り用の「笹」を求めて、山小屋へやって来ました。
 M園長とは、この日が初対面でした。
 
 娘が教育実習でお世話になったのが、T幼稚園でした。
 その関係で、娘を通じて、手紙をやり取りしておりました。

 穏やかな目が印象的で、頭の低い方でした。

 
e0017396_2219056.jpg



 本日、その七夕飾りを見せていただくために、初めてT幼稚園を訪問しました。

 T幼稚園は、「柔道」が必須科目です。
 M園長は、全国レベルの柔道家なのです。
 T幼稚園の武道場で、中学生を指導しています。
 団体戦で全国制覇を成し遂げています。

 教育に対する真摯しんしな態度が、全身から感じ取れます。
 指導者あってこその勉学・スポーツなのだと、強く強く思います。

 その極みは、富士山登山です。


e0017396_22283562.jpg



 園児たちに、短冊に「願いごと」を書かせています。
 その短冊を携えて、7月7日に富士山登山を励行していているそうです。
 それは、十数年続いているそうです。

 「園児たちの願いごとを、天の川に一番近いところに納めれば、きっとそれが実現すると信じている」

 瞠目どうもくに値する実行力だと思います。

 山小屋亭主は、「園児たちの願いが叶いますように」と、ミルキーウェイに祈るばかりです。


       胸打たる七夕笹に平和の二字     田川 飛旅子

e0017396_22453536.jpg








 
[PR]
by yamagoya333 | 2013-07-04 22:47 | 山小屋日誌