秋桜花

e0017396_23185845.jpg



 新炭焼き小屋の前は、コスモスが満開です。

 既に、散り始めたものもあります。



e0017396_23202285.jpg


 Mさんの通路に生えていた苗をたくさん移植しました。
 そのままですと、草刈り機の餌食えじきになってしまうからです。

 植えつけた斜面は、石ばかりで、土の部分がほとんどありません。
 わずかの土を頼りに、やっと立っていることができる程度でした。



e0017396_2326041.jpg



 背丈は、思った以上に伸びるものですね。
 根元の確保が怪しい状態でしたのに。

 強い雨が降り注ぐと、根が土から抜けて、倒れてしまいます。
 風が吹いてきた言えば、隣の茎に肩を貸してもらって、やっとのことで踏ん張っています。



e0017396_23303031.jpg


 コスモスは、生命力が大変強いということを、しみじみと感じました。

 よしんば倒れて、自分の頭が地面に触れると、そこから頭をもたげて新たな「茎」を、天に向けて伸ばし始めます。

 あるいは、茎と完全に離れてしまった断片は、そのまま地面に植えてやると、「根」がなくても、生長を始めます。

 結果的には、見事な花を咲かせてくれました。



e0017396_2336599.jpg



 これまで、花や野菜のお世話をしたことがありませんでした。

 かいがいしく手をかけてあげれば、みんなこたえてくれるということが、よくよくわかりました。
 まさしく、生徒と同じなのですね。

 少しだけ、自信がついてきました。


 殺風景さっぷうけいだった山小屋の周りも、少しはいろどりが出てきました。

 鶏頭けいとう吾亦紅われもこう・ダリア・桔梗ききょうなど、目を楽しませてくれるものばかりです。
 来年に向けて、お花の準備をしようと思っているところです。


 
       コスモスや風にたわみてもれもなし     皆吉 爽雨


e0017396_23455573.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2013-10-03 23:55 | 山小屋日誌