山小屋での生活を


by yamagoya333

健やかに、健気に

e0017396_21222185.jpg


 本日、娘が二十歳になりました。

 身体が小さく、お勉強もできず、人の気持ちも忖度そんたくできない、不出来な娘でございます。
 このまま、世の中に出してよいものかと、思案しております。

 今春、短大を卒業予定です。
 あくまで、予定でありますから、欠点を期に、そうならぬこともありかと、秘かにおびえております。

 成人式を間近に控え、振袖姿を写真館で撮影してもらいました。
 出来上がった写真集には、これまで見たこともない「女性」が存在しておりました。
 「馬子にも衣装」とは、よく言ったもので、吃驚びっくりいたしました。
 それなりに、成熟していたのだぁと、感慨も深いことでした。


 小学校に入学するときには、黒いランドセルを所望しょもういたしました。
 いつもは、白と黒のモノトーンの衣装ばかりのファッションを基調としております。


 制服以外のスカートは、未だに一枚も持っておりません。
 少林寺拳法は、初段の黒帯にございます。


 ここに到っても、色気のない生活を常としております。

 それでも、40を過ぎて授かった一人娘は、まことに可愛いものでございます。(親ばか)
 健やかに幸せな人生を歩んでほしいと、願うばかりです。



     よそほひて成人の日の眉にほふ     猿山 木魂


e0017396_21403499.jpg


 ※ 娘が、兄と父親の存在として慕う、長兄と
[PR]
by yamagoya333 | 2014-01-03 21:51 | 山小屋日誌