山小屋での生活を


by yamagoya333

潤む (うるむ)

e0017396_19472443.jpg


 昨日は、嵐が荒れ狂いました。
 本日、山小屋周辺の見廻りに行ってまいりました。

 在るはずのないところに、大きな石が転がっています。
 風で、竹がかしいでいます。
 森の中では、樹木が倒れていることでしょう。


 昨夜、鳥や獣たちは、どんな思いで、風雨をやり過ごしたのでしょうか。
 嵐の昼間は、えさを得ることができなかったと思います。

 濡れた羽や毛皮で、寒さをしのいだのでしょうか。
 本日も、雨が小止こやみなく、降り注いでおりました。

 餌にありつけるのは、明日の朝になることでしょう。
 もう一晩、我慢してほしいものです。




e0017396_19554966.jpg




 9日ぶりの雨でした。
 野山は、うるおいを取り戻しています。

 早咲きの桜が、開花の準備を整えています。
 例年ですと、本日は開花の時期なのです。



e0017396_2015215.jpg



 春は、微妙な調節を繰り返しながら、やって来ています。
 もうすぐ、冬の縛りに放たれた「春」が、鮮やかな色彩とともに現れてきます。



e0017396_2052462.jpg



       雪の峰しづかに春ののぼりゆく     飯田 龍太


e0017396_2065083.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2014-02-27 20:11 | 山小屋日誌