山小屋での生活を


by yamagoya333

約束 (2)

 2013年、5月の意連休が来ました。

 5月3日、Mさんが意識不明のまま救急車で搬送されました。
 二日間も、玄関の扉があいているのに気付いた近くのおばちゃんが、発見しました。
 Mさんは、一人暮らしでした。

 5月1日の午後、隣で草刈機のエンジン音を聞きました。
 お見舞いにいくと、担当医師から、いつ倒れたのかを確かめるべく、私に質問がきました。
 どうも、意識あるMさんの一番新しい情報のようでした。
 であれば約二日間、倒れたままであったということになります。

 こんなことは、想像だにしていませんでした。
 これから、Mさんにいろいろなことを教えてもらおうと思っていたやさきのことでした。

 6月の中旬、Mさんの意識が奇跡的に回復しました。
 嬉しくて・うれしくてたまりませんでした。

 でも、右半身が不随になっていました。
 その時、Mさんに「ユンボの免許、私が取ります。展望台の整地やります。教えてください。」と申し入れました。

 Mさんは、ゆっくりと首を少し動かしました。

 私は、早速、講習会の申し込みをしました。
 日程は、お盆過ぎの2日間でした。
 その日が来るのを、子供のように楽しみにしていました。

 Mさんのリハビリは、順調に進んでいました。
 うまくいけば、右半身も・・・と、淡い期待をしていました。


 7月の終わり、Mさんが突然亡くなったという知らせが届きました。
 茫然自失とは、このことです。
 信じられませんでした。

 肺炎が原因だったそうです。
 意識を取り戻すために、随分体力を消耗したのでしょう。
 弱っていたところでしたから、肺炎には勝てなかったのでしょう。

 盆過ぎの講習会は、張りがありませんでした。
 取り敢えず、参加したようなものです。
 これを活かすことができるかなと少し、不安になりました。


       生きかはり死にかはりして打つ田かな     村上 鬼城




e0017396_23454790.jpg



       
[PR]
by yamagoya333 | 2014-12-21 23:30 | 山小屋日誌