南の山から(1) 豪雨

 ご無沙汰しております。
 長い間、ばたばたとしておりました。

 九州は、豪雨に見舞われて、各地で深刻な被害が出ております。
 被災なさった方々に心よりお見舞い申し上げます。

 本日未明、北部九州は篠突く雨に襲われました。
 我が家の作業小屋は床下浸水と相成りました。
 流れてくる山水と我が家の排水施設との相克は、山水のほうに凱歌が上がりました。
 家下の道路が冠水して、車が通行できません。

 母親を病院に連れて行かねばなりませんでしたから、心配しておりました。
 午前7時くらいから、雨脚が衰えてきて、道路の水も引き始めました。
 何とか、送り迎えができました。


 これまで、北九州は、災害の少ないところだと信じておりました。
 昨年も、上記と同じような被害がありました。
 一昨年は、台風で屋根が飛んで、家の中に雨が降りました。
 これで、3年連続で、水の被害になります。
 「災害」を強く意識し始めました。

 同じ北九州に住んでいる複数の知り合いから「避難勧告」を受けました。
 ありがたいことですが、現在も自宅に居座っております。

 これ以上、被害のないことを願っております。


       ドアあいて出水の家に人見ゆる     江河 三昧
[PR]
by yamagoya333 | 2017-07-07 22:42 | 山小屋日誌