南の山から(3) 廃材

 使用済みの材料は、穴が空いていたり、同じ太さの材でも長さが揃わなかったりします。
 Tさんは、それを承知の上で、1本・1本の柱や梁に切り込みを入れていきます。
 むしろ、この不自由さを楽しんでかのようです。

e0017396_6225517.jpg



 切り込みが終わると、立ち上がのるは、あっという間です。
 棟が上がりました。
 これから、屋根を張ります。
 この屋根材は、近くの方が倉庫を解体した時に手に入れたものです。
 鉄板の厚みがあり、長さが5メートルもあります。
 これを切りそろえて、屋根にします。

 見栄えよく仕上がりました、


       刻々と天日くらき泉かな     川端 茅舎


e0017396_6345376.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2017-07-10 06:38 | 山小屋日誌