<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

行ってきます

 本日、上の息子が、東京へ行きました。

 昨年末、10日間の休みをもらって、帰宅してきました。
 まとまった時間は、ゆるりと、がしかし、抜け目なく過ぎ去ってしまいました。

 愚息は、好きなだけ起きていて、もう眠りきれないとなるとベッドから出てくる生活をしていました。
 長い不在が何でもないように、するりと我が家の生活に滑り込んでいます。


 彼の帰宅に合わせて、家族で何か特別に計画をしたわでもありません。
 東京で仕事をしているだけ、ここから職場に通っているという感覚でしょうか。

 家で見送る「祖母」と「叔母」に向かって、いつものように、「行ってきます」と言って、父親の車に乗り込みました。

 次の休暇まで、息子の部屋の時間は静かに「主」を待つことになります。


       初湯出て青年母の鏡台に     三橋 鷹女  

e0017396_22351573.jpg
 


  
[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-08 22:29 | 山小屋日誌

松の内 (2)

e0017396_23114913.jpg


 東朽網市民センターの「大門松」造りの様子です。

 SS高校の門松の高さが2メートルです。
 東朽網市民センターのそれが、4メートルあります。
 いかにスケールが大きいかがお分かりでしょうか。



e0017396_23141438.jpg


 この門松造りに、大勢の地域の方々が集まりました。
 おさんどんのW館長と山小屋亭主を含めて、16名の陣容です。

 どなたも、よく働きます。
 あれよあれよという間に、門松が立ち上がります。



e0017396_2318242.jpg


 この門松が出来上がったあとで、北九州市八幡西区にある春日神社の門松の高さが5メートルもあることを知った 町づくり協議会のN谷会長が悔しがることしきりでした。

 今年の門松は、5メートル超のものを計画していると、漏れ聞いております。

 東朽網の地域の方々のボランティア精神の旺盛さには、脱帽です。


       岩かどに飾りかかれる泉かな     野村 泊月
e0017396_2328546.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-07 23:30 | 山小屋日誌

松の内 (1)

e0017396_22374155.jpg



 本日で、松が明けます。
 門松の話題は、今日までしかありませんね。

 昨年、山小屋亭主が携わった「門松」を二つ紹介します。

 今回は、亭主が勤務するSS高校の門松です。

 教職員6名、生徒4名の布陣です。

 一昨年も門松造りに携わった職員が、筆者を含めて4名おりました。
 後に紹介する 東朽網市民センターの大門松造りに、今回の予習を兼ねて参加しました。


 その甲斐があってか、スムーズに作業は進みました。


e0017396_22514969.jpg



 門松の竹の斜め切りが、一番大変でした。
 今回は、筆者が「竹切り専用チェーンソー」でトライしてみました。
 チェーンソーですと、切り口が毛羽立ってしまうことが懸念されました。

 思いのほか、うまくいきました
 あとは、電カンナで削りあげました。

 これで、相当の時間を短縮できました。
 一昨年は、完成までに6時間要しました。
 今回は、3時間半しか掛かりませんでした。
 前回の約半分の所要時間でした。

 職員の経験と、斜め切りがスムーズにいったお陰です。
 完成したときは、誰からともなく拍手が沸きました。


       ふるさとに門松小さく帰り住む     細見 しゆこう
e0017396_2362266.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-07 22:50 | 山小屋日誌

記念樹

e0017396_2153650.jpg



 山小屋亭主の愚息と豚児でございます。

 奥の青が、長男です。
 昨年の震災以降、ほとんど休み無く働き、年末から9日まで、やっと休みをもらって、東京から戻ってきました。
 帰省は、2年ぶりです。

 帰るという連絡が来て、家族で北九州空港まで出迎えに行きました。
 山ノ神と、息子が彼女をつれてきたら、どうしよう !!??
 ・・・・ 全くの「杞憂」に終わりました。
 やはり、彼女のいない歴25年のつわもの、ひょいと、一人でゲートをくぐってきました。


 黄緑のそれが、次男坊です。
 地元で就職し、親元から通っております。
 仕事で、クレーンを操縦しております。

 卵が先か、ひよこが先かという論争は、避けたいところですが・・・・
 次男は、「UFOキャチャー」なるゲームが得意なのであります。
 最小限の出費で、驚くほどたくさんのしかも大きな賞品を携えて戻ってきます。
 娘や山ノ神が喜びそうな、果てはばあちゃんまでがほしがるような物ばかりです。 


e0017396_2201733.jpg



 あっ、長男の隣で苗木を植えているピンクが、筆者の妹であります。
 いつも、筆者の子どもたちを可愛がってくれております。
 3人の子どもたちは、優しい叔母を、母親のように慕っております。


 本日は、4人で桜の苗木を植樹しました。
 これから、少しずつ桜を植えて「景勝園」という地名にふさわしい場所にしようと目論んでおります。

 「景勝園」という地名については、いずれお話いたします。


 
e0017396_22181596.jpg


 本日1月3日は、娘「さくら」の18歳の誕生日です。
 この四月から、短大への入学が決まりました。

 それを記念して、「さくら」を植えることとなりました。
 
 どうか、見事な花を咲かせてくれますよう、心から祈念してしまう親ばかでございます。

 てなわけで、楽しく幸せなお正月の山小屋亭主でございます。


       つくづくと宝はよき字宝船     後藤 比奈夫


e0017396_22323085.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-03 22:39 | 山小屋日誌

潔く ・・・

e0017396_240148.jpg



 皆さま、明けましておめでとうございます。

 昨年は、大変お世話になりました。
 本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


 昨年は、山小屋作業を優先的にやっておりまして、ブログの更新が不定期になってしまいました。
 本年は、できるだけこまめに更新しようと思って(いるだけです)。
 宣言して、自分を縛りながらやっていくのも、窮屈なので、最初から「サボります宣言」をしておいて、それ以上でしたら、万々歳という無責任な出発とさせていただきます。

 こんな山小屋亭主でございますが、どうぞ見棄てることなく、お付き合いくださいませ。


 写真は、山小屋亭主制作による「ミニ門松」でございます。
 これも合わせて、20数個作りました。

 年末、お世話になった方々に、配達してまいりました。


e0017396_2503660.jpg



 上段中央のミニ門松が、我が家のものであります。
 年神様が、降りてきていただければ、何よりです。


e0017396_311496.jpg



 遊び心で作ってみました。
 一人暮らしの女性の部屋に置いてみてはどうかなと思っております。


     門松にこぼれてありぬ竜の玉     中村 汀女

e0017396_334515.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-01-01 02:58 | 山小屋日誌