山小屋での生活を


by yamagoya333

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 4月30日(月)

 4月15日に記事を書いていたのですが、更新手続きを「非公開」にしていました。

 昨日、Oさん夫妻が、再び山小屋へ上がってきました。
 Oさん、奥様と山小屋亭主と3人で、ゆったりとした半日を過ごしました。
 時間が前後しますが、前回の記事を読んでください。


e0017396_22124323.jpg




 本日は、4組、約20人のゲストを、山小屋へ迎えました。

 メインが、S病院のO医師です。
 O先生は、山小屋亭主の母親の担当医です。

 母親が診察を受けたときに、検査の数値が好転していると、鬼の首でも取ったかのように、意気揚々として帰宅してきます。

 その際は、明日にでも病気が完治すかのごとく、節制を解いてしまいます。
 家族は、その対応に困惑して、おろおろとするばかりです。

 一方、検査の数値が悪いとなると、人が変わったようにしょんぼりとして戻ってきます。
 虫の居所が悪いときなどは、O先生に悪態をついて、ご帰還召される始末です。


 三月の終りに、母をS病院まで送迎をしました。
 診察の際に、母が山小屋のことや、筍掘りの話をしたそうです。
 O先生が、上がってくるとの意向を示したようです。

 待つこと一時間半、午後三時に、O先生との面会がかないました。
 初対面の挨拶をしたとたん、母親の病状についての説明が始まりました。

 
 O先生は、包容力のある方で、母親の我がままを受け入れてくださいます。
 母に強制はしませんが、ジャブ・ジャブ・ジャブを飛ばしながら、母の現状を引き受けさせようと努力してくださいます。
 母親は、O先生に全幅の信頼をおいているようです。
 いつも、週一回のO先生の診察を楽しみにしているようです。


 やっと、山小屋での筍掘りの話になりました。
 山小屋の話をしますと、興味をもたれたようで、本日奥様と看護師さんのご家族が山小屋に上がってきました。

 
 「本日のメニュー」

      筍の鋤焼き
      筍のステーキ
      筍ご飯
      若竹汁
      焼き筍
      筍カレー
      筍の姫皮和え物
      鶏皮と姫皮の甘酢かけ
      筍のサラダ

 本日のゲスの皆さんは、非日常の世界から脱して、我が意のままに行動しているようでした。
 きっと、楽しい一日を過ごされたものと確信しています。


 ゲストのみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

 また来てね。


       竹山の秀のしわしわと風光る     石塚 友二

e0017396_22152632.jpg

[PR]
by yamagoya333 | 2012-04-15 23:13 | 山小屋日誌